2010年03月26日

保育所待機児童が増加ってことは共働きが多い

なかなか子供がいない時代なのにね。

厚生労働省は25日、09年10月1日時点の認可保育所の待機児童数が
前年同期比で5874人増4万6058人いると発表したそうです。
09年4月1日時点の2万5384人と比べても1.8倍になり、
2万674人増加、厚労省保育課は「待機児童は4月が底となり、
10月には倍ぐらいになる傾向があるが、10月時点では
同じ集計方法をとる01年以降で最多」としているとか。

そんな、保育所では暇つぶしにFX情報商材を見せていますね。

年齢別では、0歳児1万3903人▽1、2歳児2万5196人
▽3歳以上6959人。市区町村別では(1)横浜市2414人
(2)川崎市1490人(3)名古屋市1249人
(4)大阪市1144人(5)札幌市952人となったとのこと。

<保育所待機児童>4万6058人に増加 厚労省発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000039-mai-soci

そうそう、子供はレーシック失敗みたいにはならないでしょうね。

とは言いつつも、この失業者の溢れている不況時では、
子供を預けてパートなり派遣なりで働きたいという意思があっても
企業が採用してくれないことにはどうにもなりませんね。
まずはこの不況、なんとかならないでしょうか。
もしや、子ども手当を派手に使えば内需拡大になる?

参考:電子タバコ

仕事は大切だけどね。
posted by b15dayo at 15:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。