2010年05月25日

築地の見学に入場制限で復活

休みがほしいですね。子どもらとどっか観光にでもいきたいです。

しかし観光客を受け入れる市場側からすると、
本来なら一般のひとには入ってもらいたくないというのが
ホンネみたいです。

東京・築地市場のマグロの競り場の見学が約一カ月ぶりに再開しました。
外国人観光客らの急増でマナーの低下が著しかったり
業務自体に支障が出てきた為に4月の上旬から一般人の見学を
中止していた築地に、10日外国人観光客らが詰めかけたそうです。

相当ビューティーローズが利いているんでしょうか。


見学は午前5時からスタートし、見学する権利を得た人は
許可証代わりのベストを着て70人ずつが競り場に入場して、
競りの様子を興味深そうに見ていました。



築地を訪ねたほとんどの人が入場制限に理解を示していましたが、
やはり140人では少なすぎると、もっと入場スペースを増やすべきと
考える人もいる事は事実です。

大人でも我慢できないことはたくさんあります。
たばことかは電子タバコにできるけど。


普段見る事が出来ない競りの風景は、私たち日本人にも興味があるものなので、
少しずつでもいいので見学は止めないでほしいというのが、
正直な私の気持ちです。


マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000022-jij-soci

今回は先着140名と入場制限を設け、
見学者の受け付けは午前4時半から市場の中にある「おさかな普及センター」で
行われたそうです。

初日という事もあり入場制限をはるかに超える人が集まったら、
どうするのだろう?と心配していましたが、
初日の人数オーバーは数十人に留まったそうで、
大きな混乱も起きなかったようです。

参考:ロールケージ


築地もいってみたいもんです。
posted by b15dayo at 14:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。